シェアハウスのデメリット

シェアハウスはメリットもありますが、デメリットになることもあります。各自の個室はプライベートな空間ですが、共有スペースは皆で使います。全ての人がルールを守るとは限らないので、価値観や育った環境が違うと、ストレスになってしまいます。元々はファミリー向けに作られた物件ですが、構造により隣の部屋や他の部屋の音が筒抜けということもあります。生活サイクルが合わないと、これもストレスやトラブルの原因になる可能性があります。

大切な物は個室に置いて保管しますが、ついうっかり共有スペースに置きっぱなしにすると、盗まれる可能性もあります。これもトラブルの原因になりますから、各自で大切なものはしっかりと管理する必要があります。

シェアハウスで生活を共にする人は、どんな人かわかりません。自分と価値観や生活リズムが合う人ならいいのですが、どこか一つでも合わないところがあると、生活できなくなることもあります。

こういう場合は、マンションを丸ごとシェアハウスにしているような規模の大きい物件がおすすめです。シェアハウスの中には、期間限定で貸し出しているところもあります。気に入っていても閉館となれば、出て行かなくてはいけません。

シェアハウスのメリット

シェアハウスにはメリットもデメリットもあります。これからシェアハウスで暮らしたいと思っている人に役立つようメリットとデメリットを紹介しておきます。

シェアハウス女性が住む場合、セキュリティがしっかりしているところがおすすめです。ひとつ屋根の下に他人同士が生活することになるので、家族とは違う所があることを覚えておきましょう。セキュリティがしっかりしていれば安心ですが、鍵が付いていても戸締りをしておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあるかもしれません。個室に鍵が付いていても、自身が戸締りをしっかりすることが大切です。

シェアハウスは家具や家電が備え付けのところが多いので、自分で揃えなくて済みます。物件による違いはありますが、家賃の他に管理費として月々一定の金額を支払うことで、光熱費やネット代もその中に含まれているから、個別に支払う必要がありません。

一般的な賃貸物件は、最初に敷金と礼金が必要です。シェアハウスは敷金や礼金なしの物件が多いので、初期費用を抑えられます。家賃もシェアするので、1人あたりの金額もお得です。どんな人が同居するかはわかりませんが、気が合えば皆で食事をしたり、会話をしたりと楽しい時間がつくれます。

セキュリティについて

シェアハウスは、赤の他人同士がひとつ屋根の下に同居するスタイルです。友達同士でのシェアハウスもありますが、一般的には全く知らない人同士が家賃をシェアしています。中には女性専用や、男性専用のシェアハウスもありますが、大抵は男女が共同で暮らします。この場合、特に女性はセキュリティが気になります。

セキュリティ一応シェアハウスに住むための入居審査はありますが、住んでみないとわからないことも多々あります。セキュリティというと、玄関や窓の戸締りをイメージしますが、シェアハウスの場合は、他人同士が生活する場となります。特に男女が共同でシェアハウスに住む場合は、セキュリティ面がしっかりしているところを探しましょう。この場合のセキュリティは、各自の個室に鍵がかかるかどうかです。

いくら同じ家で暮らしているといっても、元々は赤の他人です。女性の部屋に男性が押し入るという可能性もありますし、留守中に貴重品などを盗まれる可能性もゼロではありません。家にいる時も外出している時も、部屋に鍵が掛かること、簡単に鍵を破られないようセキュリティがしっかりしている物件を探しましょう。今はセキュリティを重視したシェアハウスが増えていますので、時間をかけて探してみてください。

シェアハウスとは?

1人で借りるには少し家賃が高いので無理という場合も、数人で家賃をシェアすれば1軒家に住むことができます。これが今人気のシェアハウスというスタイルです。日本人だけでなく外国人とシェアする物件もありますし、性別を限定したシェアハウスもあります。元々はファミリー向けに建てられた1軒家を、数人が家賃をシェアして住むので、1人あたりの家賃がかく安くなります。

間取りによって住める人の数は変わってきますが、だいたい4人~5人はせいかつできる物件が多くなっています。築年数の古い1軒家をリフォームして、シェアハウスとして貸し出すというのも人気となっています。シェアハウスには各自に個室が与えられますが、お風呂やトイレ、キッチンなどは共有スペースとなります

アパートやマンションを借りれば、プライバシーは守られます。シェアハウスでも各自の部屋ではプライバシーは守れますが、リビングなどで住人どうしのコミュニケーションが出来るのが最大のポイントです。ただし共有スペースに関しては、最初にルールを決めておきます。

男女がひとつ屋根の下に住むというシェアハウスの場合、セキュリティが気になります。これは物件による違いが大きくなるため、プライバシーやセキュリティを重視したい場合は、最初にしっかりと確認しておくことをおすすめします。最低限のプライバシーを守りつつ、適度にコミュニケーションをはかりながら、楽しく生活するにはセキュリティも大切です。