シェアハウスとは?

1人で借りるには少し家賃が高いので無理という場合も、数人で家賃をシェアすれば1軒家に住むことができます。これが今人気のシェアハウスというスタイルです。日本人だけでなく外国人とシェアする物件もありますし、性別を限定したシェアハウスもあります。元々はファミリー向けに建てられた1軒家を、数人が家賃をシェアして住むので、1人あたりの家賃がかく安くなります。

間取りによって住める人の数は変わってきますが、だいたい4人~5人はせいかつできる物件が多くなっています。築年数の古い1軒家をリフォームして、シェアハウスとして貸し出すというのも人気となっています。シェアハウスには各自に個室が与えられますが、お風呂やトイレ、キッチンなどは共有スペースとなります

アパートやマンションを借りれば、プライバシーは守られます。シェアハウスでも各自の部屋ではプライバシーは守れますが、リビングなどで住人どうしのコミュニケーションが出来るのが最大のポイントです。ただし共有スペースに関しては、最初にルールを決めておきます。

男女がひとつ屋根の下に住むというシェアハウスの場合、セキュリティが気になります。これは物件による違いが大きくなるため、プライバシーやセキュリティを重視したい場合は、最初にしっかりと確認しておくことをおすすめします。最低限のプライバシーを守りつつ、適度にコミュニケーションをはかりながら、楽しく生活するにはセキュリティも大切です。